損をしない相続

損をしない相続

損をしない相続とは?何なんでしょう?
亡くなった方の財産を引き継ぐのが相続です。ただで財産が手に入るのだから損のしようがありません。
それで損をしない相続と検索すると一般に相続税、相続後の財産運営を問題としているのがわかります。
つまり、ただでもらう物を、うまく貰って減らさず増やそうという事でしょうか。

2015年1月1日以後の相続については基礎控除額が大幅に下がりました。
・基礎控除額が3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数となったのです。
それまでは基礎控除が5,000万円 +1,000万円 × 法定相続人の数だったのです。
例えば相続人が配偶者と子2人だとすると基礎控除が以前は8,000万円だったのに対し、現在では4,800万円です。
宇部市で一軒家と少しの預貯金ならぎりぎりセーフでしょうが、都会はそうはいかなくなったと思われます。

・相続する時に相続税を考慮しなくてはならなくなりました。ただで貰うだけでなく税金を払う必要が出てきました。
税金が少なくなるには、税率をかける元になる遺産額が低くなれば良いと思われます。
現金は当然その価格ですが、不動産とかは評価格なので同じ不動産でも評価が変わる場合があります。

・遺産は前贈与をすることで減らす事が出来ます。元が減れば相続税も減ると言うことです。
しかし財産をもらった人のその年の合計額に対して基礎控除110万円を超える部分について贈与税がかかります。
つまりは1年間に110万円ほどは贈与税がかからないと言うことです。
贈与の関係は国税庁のホームページが詳しいです。
贈与については相続時資産課税制度、配偶者の2,000万円控除、教育資金、住宅取得資金の特例をうまく利用しましょう。

損をしない相続は個人個人で変わってきます。専門家に相談しましょう。
当事務所は依頼されたあなただけのために働きます。あなただけの味方です。
20年の経験と実績を生かし、迅速・正確・丁寧に笑顔で頑張ります。

あたの悩み事解決いたします。ご相談はまず下記にお電話を下さい。絵賀をでお答え致します。

電話 0836-33-5126